エンポリオ アルマーニ 2017年秋冬コレクション – 多様性が導くファッションの楽しみ | ファッションプレス

ロジェデュブイスーパーコピーエンポリオアルマーニ2017年秋冬コレクション-多様性が導くファッションの楽しみ2521874エンポリオアルマーニ(EMPORIOARMANI)の2017-18年秋冬コレク

ロジェデュブイ スーパーコピー
エンポリオ アルマーニ 2017年秋冬コレクション – 多様性が導くファッションの楽しみ

252
1874

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)の2017-18年秋冬コレクションが、ミラノファッションウィーク3日目の2107年2月24日(金)に発表された。

今シーズンの起点となったのは、多様性。都市に住む女性たちの様々な思考やテイストを考慮しクリエーションに励む。シーズンウェアはバリエーション豊かで、クラシックとモダンがコントラストを描くように融合。そこに、スポーツテイストやヤングジェネレーションを捉えるアイキャッチな要素を取り入れている。

しかしながら、ベースとなるのはアルマーニの定番であるジャケットスタイルである。男性的でありフェミ二二ティも備えたパンツスーツ。ジャケットには、大きなボタンやリボンのアップリケを飾り、レッドやフューシャピンクなどのビビットカラーを取り入れて、デザインの幅を広げる。

定番アイテムから新たな可能性を抽出するのは、質感での遊びである。ベルベットやパテントといった光沢素材、シースルーのPVC、様々な毛足の長さのファー。そして、それらを素材のキャラクターに関係なく、一着の中で、また時にコーディネートの中でミックスさせる。ファーのホワイトコートにはシースルーパンツを、シンプルなウールコートにビッグファーの帽子を。

そこに加えたフレッシュさが、ロゴキャラクターウェアである。ブランドの頭文字EAをアーティーに描いたトップス、くまモチーフのジャケット、7のロゴ入りニット。また男女ペアルックで登場した、ポンチョ型ダウンも新鮮な印象だ。

フィナーレへ向けてはドレスの提案を。シーズンムードを反映した、ポップなカラーリングで種類豊富なウェアを揃えた。シャンデリアのように輝くスパンコールの装飾がポイントになっていて、エレガントなドレスの中で流れるように配され、流星のような輝きを放っている。

左)佐々木希 右)佐々木希着用ワンピース 2017年春夏コレクションランウェイルックより

また当ショーには日本からのセレブリティとして佐々木希が来場した。エンポリオアルマーニ2017年春夏コレクションの軽やかな赤いシフォンドレスと同じく今期のアイテムであるスタッズのついたハードなレザージャケットを合わせた姿でショーに華を添えた。
IWC スーパーコピー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *