IWC スーパーコピー ポルトギーゼ オートマチック 7デイズ IW5007

今年のSIHHにおいて、IWC スーパーコピーはポルトギーゼの刷新を発表。

やはり注目は、新開発の年次カレンダーや永久カレンダークロノグラフなどの「新しさ」が分かりやすいモデルに集中していた感がありますが、すっかりそんな熱も冷めたであろうこのタイミングで、新キャリバーを搭載して生まれ変わったポルトギーゼ7デイズオートマチックについて、改めて触れてみたいと思います。

IWC時計コピー ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

その外観は、前作となんら変わることなく、高精度の懐中時計用ムーブメントを搭載したオリジナルモデル譲りのボリューム感あふれるケース、文字盤の最外周にはレイルウエイ・ミニッツトラック、丁寧に植字されたアラビック・アワーマーカー、9時位置にはレイルウエイ・トラックを持つスモールセコンド、3時位置にはロングパワーリザーブを示すパワーリザーブ表示、6時位置にはデイト表示。

そしてセンターに取り付けられた長短針はあくまで細く、鋭く、各インデックスと最良のバランスで重なり合い、すばらしい視認性を発揮するとともに、広い文字盤上を正確にスイープしていく様は、実にエレガントです。

IWC:ポルトギーゼ・オートマティック IW5007

またより手首にフィットするよう、ラグの形状に少々の変化が見られる点も、いかにもIWCらしく、好感が持てます。

ポルトギーゼ・オートマチックは、時計としての本質的作りの良さを実感していただける、いかにもIWCらしい傑作として、それだけでも十分すぎるほどの価値があると言えるでしょう。

キャリバー 52010

そして今回の新作のハイライトであるキャリバー52010。

ペラトン式自動巻の特徴的なローター軸受けや巻き上げ爪、巻き上げ車などが摩耗しにくいブラックのセラミックパーツとなり、耐久性が向上。
IWC コピーローター芯はペラトン式自動巻の弱点と言われていただけに、大きな改良と言えるでしょう。

そしてムーブメントの約半分を覆うローターのスポーク部がより細くなり、同社の自動巻ムーブメントの伝統的なサーキュラーグレインや各種機構がよりはっきりと観察できるようになったのも、ファン思いの改良と言えるでしょう。

また香箱を1つから2つへ増やし、振動数を21,600振動/時から28,800振動/時にアップ、さらにテンプを小径化している点も非常に興味深いと言えるでしょう。
引き続きフリースプラングやブレゲヒゲを採用しており、恐らくは精度も向上していると思われます。

初登場からすでに15年が経過し、いまやすっかりIWCを代表するアイコンのひとつとなったポルトギーゼ・オートマチック。

こうしてまた一歩、理想的なタイムピースに近づいたことを、素直に歓迎したいと思います。
スーパーコピーブランド

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *